スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルアクアリウムその後

妄想アクアリウム
このボトルを使った前回の記事の続き。

とりあえず水草を植えてみた結果↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ネサエアは大きすぎだし、ごちゃごちゃしててトホホな感じ…
バリスネリアの根も出てしまってるし、ダメな見本ですね、こりゃ。
しかし、ボトルアクアの植え込み、ムズすぎるぞ!
瓶の口が狭くて手が入らないし、ガラス面が曲線なので遠近感が掴めない。
4~5回くらい、水草全部植え直しました。
ボトルアクアが簡単とか言ってた奴、出て来いやぁ!

ダメすぎるので、全部やり直し。

妄想アクアリウム
ネサエアは丁度良い長さに揃えてカットし直しました。
バリスネリアの根もカットして植え直します。

妄想アクアリウム
グラッシーレディオ直下で光量豊富なベタ水槽に入れてたドワーフリシアですが、
ヤマト軍団にツマツマされ続けてこんな悲惨な姿に…
そりゃアオミドロなんかより新鮮な緑の新芽を食べるわなぁ;
生体の入っていないこのボトルに避難させておきます。

前景草も生体もまだ入っていませんが、現状↓

CASE:05
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:星硝Cellamate(セラーメイト)取手付密封びん(4L) 1,134円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:細葉レースプラント(アポノゲトン) 980円
   ネサエア 250円
   ラージリーフハイグロ 280円
   スクリューバリスネリア 280円
   ドワーフリシア
生体:無し
制作時間:約4時間
合計費用:2,924円

別の角度から。
妄想アクアリウム
後景のバリスネリアが4株しかないので寂しい感じ。
様子を見てから追加しようかと思います。

妄想アクアリウム
コレですよコレ。
この緑と赤の水草の対比を見たかったんですよ!
明るい太陽光の元でもゆっくり眺めてみたい。

多肉植物ポットと並べて明るい窓際に配置しておきました。
溶岩石が届いたらウィローモス巻き付けて前景にするとして、
入れる生体はまだ決めていません。
いっそパネルヒーターを使って加温、エアレーションも付けて
卵生メダカ入れようかと企んでいます。
もしくはクラウンキリーやオトシンクルス?
ランシーロンシュリンプにも興味があるんだけど、
小さすぎて魚に食べられてしまうかなぁ…
スラウェシシュリンプは弱アルカリ性らしいので諦めました。
参考リンク:ホワイトグローブ・シュリンプの飼育方法

妄想アクアリウム
以前に10分で作ったこの子も元気にしてますw
直後は水道水に含まれるCO2のせいで気泡出しまくりでしたが、
現在は落ち着いています。

本格的な水草植栽は今回が初でしたが、ようやく慣れてきました。
カッチョイイピンセットが無くてもできるんや!
この記事で、ボトルアクアに興味を持った人が少しでも増えてくれれば幸いです。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ボトルアクアリウム完成!

ボトルアクアリウム 2日目
12月6日(金)

とりあえず、ボトルアクアリウムをいくつか作成してみたので
制作時間やかかった費用も含めて紹介していきたいと思います!

CASE:01
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:750ml 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:オーストラリアンノチドメ(溶岩石巻きつけ) 600円
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ 230円
制作時間:約2時間
合計費用:935円

水草を植栽しないなら、ソイルはもっと薄くても良かったかな。
こちらの瓶の方が幅広だったのでノチドメを入れたんですが、
窮屈そうで発育に悪いのは否めません…
様子を見て、水草を入れ替えるかもしれません。
ボトルアクアにはミナミヌマエビが定番なのですが、
ヌマエビの改良種で緑に映える真っ赤なエビを選択しました。
ソイルや浮き草は余り物を使ったとはいえ、
こんなに低コストで立ち上げられるのがボトルアクアの魅力ですね!

CASE:02
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:1l 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:ササバモ 680円
   バナナプラント 630円
   ウィローモス(流木巻きつけ)
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ×2 460円
制作時間:約2時間
合計費用:1,875円

ベタ水槽で放置されていたウィローモス付き流木をリサイクル。
茶色くて間延びしてるんで、見栄えは悪いですが;
水量1リットルではアカヒレ(コッピー)でも負担が大きすぎるので
小さなエビ2匹でのスタート。
ガラス面にコケが生えてきたら貝も追加する予定。
妄想アクアリウム
逆光時のササバモはやっぱり美しい!
明るい窓際に置いてみたい気分にさせてくれます。

しかし、それより困ったのが
妄想アクアリウム
なんで水草はすぐ浮いてしまうん?

撮影のために移動しただけで、水草全部が抜けて浮いてしまいました!
私が不器用なのとソイルの粒が大きいせいもあるでしょうが、
水草を植え直す日々が続きそうな予感…
早く根を張って欲しいものです;

水草水槽を立ち上げるより時間もコストも大幅縮小できるボトルアクアですが、
見た目よりも難易度も高く、あまりお手軽ではなかったりします。
これからアクアを始めたい人は、小型水槽で構わないのでぜひ水槽でスタートして
濾過などアクアの仕組みを身に付けた方が楽になると思います。

だがしかし忙しい現代人、もっと手軽な方法はないのか!という場合は…

CASE:03
妄想アクアリウム
ボトル:水草ポット600ml 109円
底材:無し
水草:スクリューバリスネリア(マルチリング付き) 425円
生体:無し
制作時間:約10分
合計費用:534円

チャームで例として紹介されている組み合わせをやってみました。
ガラス製フラワーベースだともっとお洒落にできますが、
その分価格も数千円になってしまいます。
プラスチック製の透明ポットならこの安さ!
妄想アクアリウム
水草をそのまま入れただけですが、なかなかの美しさ。
テーブルや窓際のワンポイントにいいんじゃないでしょうか??

CASE:04
妄想アクアリウム
水槽:10cmキューブ水槽1l 444円
底材:パウダー砂(白) 250円
水草:マリモ(Sサイズ2個) 420円
生体:無し
制作時間:約20分
合計費用:1,114円

これもチャームで掲載されている例を参考にアレンジ。
パウダー砂を洗うのは本当に面倒なので、注意が必要。
何度洗っても、どうしても油膜や不純物が出るのは仕方ないので
最初は油膜取りや水換えが必要になってきます。
マリモは直射日光を嫌いますが、明るい場所に置いておけば
気泡を付けて浮上する姿も見れそうですね!

今回はガラスポットではなくて10cmキューブ水槽を選んだので、
Sサイズのマリモではちょっと寂しい感じかも。
ああん、これじゃ小さすぎて満足できないわ、という貴女(?)には、
そういうときはこれ。西洋マリモという巨大サイズも販売されてるんだ!
どうだジェーシー、ミーのビッグマグナムみたいですごいだろう?HAHAHA!

ちなみに、コケで擬似マリモを作ってる人の記事を見つけました↓
コケ丸
ベタ水槽で大増殖してるアオミドロでやってみようかな??

ドワーフリシアは、光量豊富なベタ水槽に入れてみました。
妄想アクアリウム
さっそく群がってツマツマするヤマトヌマエビと、それを見守るベタ。
成長する前にヤマト軍団に新芽が食い尽くされないかちょっと心配…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

はじめてのボトルアクアリウム

ボトルアクアリウム 1日目
12月5日(木)

さて、以前から興味があったボトルアクアリウムに挑戦してみるので、
その様子をリアルタイムでお伝えしていきたいと思います。
やらせ無しなので、途中で崩壊したらゴメンナサイ。
ボトルアクアリウムに興味がある人は、一緒にやりましょうよ!

まずは準備。
100円ショップで見つけたこのガラス瓶。
妄想アクアリウム
「ダイソー Jガラスポット No5 750ml」
妄想アクアリウム
この瓶を選んだ理由は、フタが透明なんですよ。
妄想アクアリウム
上から見るとこんな感じ。

しかし、水量750mlは少なすぎてさすがに心許無い。
この瓶のシリーズには1.3lと1.9lもあるらしいので、
大型店舗まで見に行ってみることにしました。
しかし、残念ながら品切れ。
妄想アクアリウム
「ダイソー プラフタガラスポット No2 1l」
最大サイズでコレしかありませんでした。
フタもクリアではなく緑かピンクかベージュしかなく
ボトルアクアなので違和感少なめな緑色を選ぶことに。

これでも水量1リットルしかないので不安だなぁ。
梅酒漬ける5リットルくらいの瓶にしようか。
密封せず酸素取り込めるように口は広い方がいいな。
魚入れるなら、ヒーターも必要かな。
どうせなら濾過も付けた方が…
…って、これじゃ水槽になっとるし!
全然ボトルアクアじゃなくなっとる!

5リットルクラスの瓶だとお手軽感がなくなるし、
それなりの値段もするので、今回はこの瓶でいこうと思います。

妄想アクアリウム
よくすすいだ後に、ベタ水槽立ち上げで余ったソイルを投入。

考えてみたら、淡水水槽の余り物だけでボトルアクアを開始できるよな。
余ったソイルを底材にして、余った水草(マツモとか)をテキトーに入れて、
ベタ水槽に入ってるヤマトヌマエビを移し変えて完成!
できたっ!かかった費用は瓶100円のみ!
勝ったッ!第3部完!
でも鑑賞意欲ゼロだし、何のためにボトルアクアを始めたのか
全く意味不明になってしまうので、新しく水草を揃えてみました。
妄想アクアリウム
どっかで見覚えのある梱包の上に並べてみました。
水草トリミング用のカッチョイイハサミなんて当然持ってないんで、
普通のハサミで切りますw

以前、サルビニアククラータを入れたときにヒドラが増殖してしまったので、
妄想アクアリウム
今回は「水草その前に」を使うことにします。
参考リンク:水草の残留農薬について

では、順番に水草を紹介~

ササバモ
妄想アクアリウム
縦長の瓶を使うので、高さのある水草を考えていたところ、
「窓辺の光が透明感のある葉に葉脈を透かして美しい」という
記載を見つけたのでコレを選びました。

スクリューバリスネリア
妄想アクアリウム
水槽では美しいねじれが弱まってしまうことが多いらしいのですが
ボトルで維持できるかどうか。

オーストラリアンノチドメ(富士ノ溶岩石巻き)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
キューバパールグラスやヘアーグラスは光量的にとても無理だろうし
ボトルアクアなのでもちろんCO2添加しないし、ということで
前景にノチドメを選んでみたんですが…明らかにでかすぎ!!
実物を見て選べない通販の弊害ですね…

ドワーフリシア
妄想アクアリウム
ボール状に巻いたものです。巻きたてなんで、まだ葉は出てきていません。
リシアよりも気泡を付けやすく、成長も遅め。
ただし、育成は難しいらしいですね…うーむ。

バナナプラント
妄想アクアリウム
レイアウト用というより観賞用の水草ですね。
バナナみたいな形状がかわいいです。

マリモ(モスボール)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
「なぜマリモ!?」と思うかもしれませんが、
マリモだって立派な水草なんです!!

妄想アクアリウム
という訳で今回はこの素材でやってみようと思います!
(続く

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。