スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水アクアリウムの宿命

30cm海水水槽 558日目
12月5日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

うさぎやネズミや小鳥を飼い始めたこともあり、
すっかり更新頻度が下がってしまった海水アクアリウムですが
当然のことながら、毎日の世話は欠かしていません。

今日、カンザシヤドカリが脱皮していました。
カンザシヤドカリ
カンザシヤドカリの脱皮を目撃するのは3回目。
水族館でも見られない、かなり貴重な瞬間だと思う。
ソリハシコモンエビ
ソリハシコモンエビの脱皮殻もあったので
タイドグラフを見てみたら、今日は「大潮」だった。
水槽という人工環境内でも、自然の摂理は生きているんですね。

昨年7月から飼育していた、一番古株のヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
ライブロックから外れて落下していました。
元の位置に戻そうとしたら、自力で貝殻が閉じられない。
あっ、これは終わったな…と思った翌日には
ヒメシャコガイ
シャコガイは綺麗に食べられてしまいました。
エビとヤドカリにとっては、新鮮な刺身でしかないですからね。
メタリックグリーンに輝く一番思い入れがあったシャコガイなのに…悲しい。
でも、仕方がないんです。これが自然の掟なんです。
海水アクアリウムでも、弱った個体は容赦なく食べられてしまいます。

その日、ブラインシュリンプを与えていたら、
いつもは食べに出てくるオドリハゼが出てこない。
代わりに、同じ場所で大きなカニが何か大きな肉片を掴んで食べています。
あっ、これは捕食されたな…
共生エビとセットで9,800円もした、高級ハゼなのに…悲しい。
と思った2日後には、普通にオドリハゼが泳いでいましたw
え!?じゃああの肉片は何!?と混乱しましたが、
どうやらアレはシャコガイだったようです。
シャコガイさんはみんなのご馳走になったんですね;

オドリハゼ
このオドリハゼは、以前にも死んだと思ったら
なんと隣の水槽に移動して生きていたこともありました。
どうやって!?ジャンプしたの!?
信じられない、奇跡のハゼかもしれません。

そして、ダブルスター(ヒトデ)
ダブルスターフィッシュ
残念ながら、底砂上でバラバラになっているのを発見しました。
飼育約半年。ジュズベリヒトデよりは長生きでしたが、悲しいです。
原因ははっきりとわかりませんが、またヒトデ飼育にも挑戦したいです。
次以降は生態系が豊富な90cm水槽に入れると思うので、
もっと長期飼育が狙えると考えています。

明日は、東京レプタイルズワールド冬へ行く予定。
東京レプタイルズワールド冬
またイベントレポートの記事も書くので、お楽しみに!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ
スポンサーサイト

アクア熱は燃え尽きず

さて現在、うちの水槽は調子が悪いです。
好調~不調の波を定期的に繰り返すのがアクアリウムなので
こういう不調のときは耐え忍ぶしかありません。
淡水水槽はベタ薬槽+リセット中。
海水水槽は絶不調。試薬で水質を計っても問題ないはずでも不調。

水温 25度前後
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0+mg/l
硝酸塩(NO3)10mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

ただし、ここ数日の気温乱上下のせいで、
今までは24.5~25.5度に正確に維持してきた水温が
26.5度オーバーまで上昇してしまいました。
慌てていつもの水温に戻しましたが、そのせいか初白点を発症。
ロイヤルグラマの頭、マッコスカーズラスの腹ヒレ、キイロサンゴハゼの側面に
白点がポツリと1~2個ずつ…
いままで白点なんて出たこと無かったのでショックですが、
ロイヤルグラマは少し餌食い落ちてますがまだまだ元気なので
このまま慎重に推移を観察していきたいと思います。
ライブロックを複雑に配置したリーフタンクなんで、
魚を捕まえることはまず不可能で薬も使えないから何も治療できないんですけどね!
人間の風邪と同じで、栄養をたっぷり摂取して、
ストレスを与えず体力を回復させるのが一番だと思います。

サンゴの方ですが
ウミキノコは1次ポリプすら全く伸ばしません。
トゲナシヤギはあれから1度もポリプを開きません。
水流が直接当たる場所へ移してみても駄目でした。
ツツマルハナサンゴがポリプをほとんど伸ばさず、瀕死。
ただし、まだ少しは反応があるので望みはあると思います。
マユハキモは減退が止まらず、ハゲが進行中。
妄想アクアリウム
ハマサンゴは再び藻に覆われて、
イバラカンザシがほとんど顔を出さないようになってしまいました…
妄想アクアリウム
ヨツアナカシパンはなんだか表面が紫色っぽく変色して
ほとんど動かず、生死すら不明の状態。
ヨツアナカシパンを触ると赤くなるらしいんですが)
奮発して天然海水10リットル+活コペポーダで換水した直後に
この不調っぷりはどういうことなんだよ!
こういうときは、余計なことをしないことに限ります。
調子を取り戻そうと弄りすぎると、かえって弱った生体にダメージを与えるので
静かに換水を続行しつつ調子回復を待とうと思います。

しかし、悪いことばかりではありません!
毎日のようにナガレハナサンゴを食害していた
マーブルサロンシュリンプを遂に捕獲しました。
再びサテライトに幽閉です。今度は脱走させません。
妄想アクアリウム
オオトゲトサカは絶不調期を脱しました。
どうも水流を嫌がってるようなのですが、配置する場所が難しいです…
LED直下に移動させたヒメシャコガイは絶好調!
全く開かず死んでしまうんじゃないかと思われたのが嘘のようです。
そして、消えてしまったグラスシュリンプ(ソリハシコモンエビ)を再投入。
こいつはクリーナーシュリンプ(魚の体面を掃除する)なので、
前と同じ魚水槽に入れたら…即座にボラが食おうとして襲いかかってきました!
ソリハシコモンエビはびっくりして水槽から飛び出しそうになり、
私までパニックに陥るところでした…;
これはまずいと思い、もう1匹は消灯後の
ボラが寝静まった時間帯に静かに入れましたが…
翌朝、魚水槽を覗いてみると、ソリハシコモンエビが1匹も居ません。
しまった…無謀だったか…以前に行方不明になったのもきっとボラが食べたんだな…
イソギンチャクモエビは全く狙われないのに、どうしてグラスシュリンプは狙われるのか…
なんて高価な生き餌になってしまったんだ…と後悔に打ちひしがれておりますと、
なんと隣のイバラカンザシ水槽からソリハシコモンエビがひょっこり現れました!
妄想アクアリウム
え!?お前、どうやってこっちの水槽に移ったの!?
たぶん、マッコスカーズラスに追われて
水上のサイフォンパイプを伝って隣の水槽まで逃げたんじゃないかと。
その勇敢さと幸運に感謝します!1匹でも無事で良かった~。
妄想アクアリウム
ガラス細工のようで、本当に繊細な美しさを持ったエビですよねー。
抱卵・繁殖まで狙ってみたいので、現在は合計4匹入っています。
夜間は水槽内を漂うように泳ぎ回るので、見た目も楽しめますよ。

さて、そんなこんなで悪戦苦闘のアクア生活ですが、
「もう飽きた」「めんどくさくなった」
なんてことは、「熱しやすく冷めにくい」性格の私にはありえません。
さらに困難で新たな飼育に挑戦を考えています。

その1:ダンゴウオ
妄想アクアリウム
めちゃくちゃ小さくて可愛らしい魚です!
ダンゴウオ王国
ダンゴウオ 赤&緑
ただし、この魚は北半球の寒冷な海に生息するので、
室内で普通に飼うことは不可能です。
それではどうするのかというと…
ビールなどを冷やす、冷蔵ショーケースの中で飼う方法があるのです!
海水魚ぼブリードとダンゴウオ飼育
実際に冷蔵ショーケースで飼育されている方を参考にしつつ
4面ガラス冷蔵ショーケース 前後両開き扉タイプ
この中に水槽を収納すれば、鑑賞性も損なわないのでは?
とか考えています。
亜熱帯~熱帯のライブロックは当然使用できないので、
近海産ライブロックと何か近海生体が妥当なところでしょうか。
ダンゴウオと混泳できる生体
なんだかクリオネを飼うのと同じくらい苦労しそうだ…
長期飼育例は聞いたことが無く、困難を極めることが予想されますが
飼育に挑戦してみたい魚ですね!

その2:トビハゼ(マッドスキッパー)
妄想アクアリウム
有名なムツゴロウのように、汽水の泥に住む魚です。
トビハゼはよく人に慣れて、手から給餌することも可能みたいですね。
飼育情報収集中。
マッドスキッパーの飼育方法
新説・マッドスキッパー飼育
汽水に亀用の石を入れて陸地を作るレイアウトが一般的ですが
ここは生息域と同じ、干潟の泥の水槽を再現してみたいです。
アクアスタイル 450 LOW(450×300×230mm) 45cm水槽
こういう浅い水槽で飼えないものか?
底面式の浅瀬水槽(ビオトープ風)でヨシノボリを飼ってみた
こんな感じで水が循環するようにして、泥水槽ができないか妄想中。
あとこういうのを参考に。
流れる川の ベランダ ビオトープの作り方手順

こんな感じで、一般受けしないマニアックな水槽を増やしたいなぁと。
え?引越し?
うーん、引越し日程が近づいて来てる気がするけど…
アクア熱には勝てません!(現実逃避

イバラカンザシ

30cm海水水槽 103日目
8月23日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

以前、イバラカンザシを導入失敗しましたが
その後も諦めきれずチャンスを窺っていたのですが、
魚同士のテリトリー争いが激しさを増したので
このきっかけに、水槽内レイアウトの複雑化を目指して
憧れのイバラカンザシを導入しようかと思案しました!

イバラカンザシ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
プラケースで水合わせ中。既にさかんに鰓冠を出しています。
ベースはライブロックか白化サンゴかわかりませんが、
数えてみると、6個体が定住しているようです。

この後に判明したのですが、イバラカンザシ以外の生体も居たようです。
キュアリングを最小限に留めたため、一緒に本水槽に入ってしまいました。
本水槽に移してすぐ気が付いたのが、穴に隠れた小型のカニ。
これで3匹目です。草食性が強い種類だといいなぁ。
あと、何かの触手が伸びていますが、これはクモヒトデでしょう。
クモヒトデは大歓迎ですが、カニはいずれ捕獲大作戦をしないといけないかも…

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
イバラカンザシはケヤリムシと同じくゴカイの仲間なので、
サンゴと違って水槽導入直後から美しい鰓冠を見せてくれます。
妄想アクアリウム
ヤドカリも一緒にパチリ。
魚やヤドカリが近づくと、サッと鰓冠を引っ込めます。
妄想アクアリウム
英語では「クリスマスツリーワーム」と言われるように、
らせん状のカラフルな鰓冠が特徴的です。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
イバラカンザシ、本当に大好きなんです。
宝石箱のような美しさで、いつまでも眺めていたいです。
引っ越して大型水槽を導入したら、大型ハマサンゴに
煌くようにたくさん定住したイバラカンザシ群を飼育したいなぁ。

他にも、今まで写真が撮れてなかったタンクメイトを撮影。

イソギンチャクモエビ
妄想アクアリウム
ソリハシコモンエビ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
キイロタカラガイ
妄想アクアリウム

ちなみに、沖縄から届いた生体は
イソギンチャクモエビ 5匹中2匹死着(1匹も瀕死ですぐ行方不明)
キイロタカラガイ 5匹中1匹死着
いくら保冷剤と発泡スチロールに入っていても、
猛暑のこの季節の輸送は厳しすぎたか…;

グラスシュリンプ

30cm海水水槽 57日目
7月8日(月)

6日(土)に行った水質検査。

水温 26度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0mg/l
ペーハー(pH) 7.8pH
炭酸塩硬度(KH)15-d
カルシウム(Ca)400mg/l

アンモニアは検査不要なので行っていません。
PHが低めなのでアラガミルクを追加添加しました。
でもこれでさらにKHが高くなるかも。
最近、ガラス面のコケが増えているのは高KHのせいなのか。
検査してないリン酸(PO4)のせいかもしれないけれど。

餌の匂いに誘われたのか、珍しくソリハシコモンエビが昼間に出てきました!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
長いひげは輸送中に切れたのか見当たらなかったのですが、
現在は完全復活。透明の身体と共に、非常に美しいです。
脱皮の跡があったのは、このソリハシコモンエビなのかサンゴモエビなのか。

ライブロックの下に潜んでいたカーリーが移動してきたので、
ヒメシャコガイが閉じる消灯後に駆除薬をブシュシュ!とぶっかけて退治。
これでまた1つ問題が解決したのですが、新たな問題が…
一難去ってまた一難。まさに「渡る世間は鬼ばかり」現象^^;
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴが食害され、一部骨格が剥き出しに。
ネットで調べてみると、マーブルサロンシュリンプはサンゴモエビの近種のはずなのに
ハナサンゴやヒユサンゴを食害するという報告が見つかりました。
カーリー退治で有名なペパーミントシュリンプやモロコシハギも
オオバナ、ブレインなどプニュプニュ系サンゴを食害する恐れがある、との記述も。

解決策としては、どちらかを隔離するしかないんですが…
うーむ。難しいな。
海藻モジャモジャのサテライトを整理して、
マーブルサロンシュリンプを捕まえて移すのが現実的か。
(サテライトはさらにホソジュズモの勢力が強まって、
ジャングルどころか密集地帯になっています^^;)
せっかくプランクトンの楽園になってるサテライトですが、
これ以上被害が拡大するなら、実行するしかないかと思います。

ソリハシコモンエビが意外とおとなしいのも想定外。
グラスシュリンプの中では気性は激しくない方ですが
そもそも肉食性が強めな種類なので。

(参考リンク)
イソギンチャクカクレエビとイソギンチャクモエビの違いとはなんでしょうか?

このあたりは、実際に飼ってみないと分からない部分ですね。

クロレラ培養

30cm海水水槽 54日目
7月5日(金)

クロレラの培養を始めました!
妄想アクアリウム
クロレラの種水を購入して、プラケースやペットボトルに分けて
真水を足して繁殖させていく計画です。
青いボトルは、水性肥料のハイポネックス。
培養したクロレラの用途としては、ベタ水槽の亜硝酸対策と、
海水水槽のサテライトに入れてコペポーダの餌にするつもり。
プラケースは、自然光有り・空調有り(約30度)
ペットボトル大は、自然光有り・空調無し(約35度)
ペットボトル小は、蛍光灯下・空調有り(約25度)
この3箇所に設置して、増え具合を比較してみます。
しかし、アクアリウムというよりどんどん研究所みたくなってきましたねw

マーブルサロンシュリンプがナガレハナサンゴの上でツマツマ…
サンゴを食ってる可能性があるので、とりあえず追っ払いました^^;
エビは飢えるとこの危険性があるからなぁ。
水質向上のために餌付けを極少にしてたんですが、
デバスズメの寝ている夜にやってみることにしました。
沈降しやすいように粒を砕かないでそのまま。
しかし、餌の匂いですぐデバスズメが起きて食べ始めました^^;
でもいくつかは沈降したようで、レアキャラのソリハシコモンエビが出てきました。
ツツウミヅタの間に腕を突っ込んで餌を探している様子。
これはサンゴを食べてる風じゃないので安心かな。
エビ用に沈降性餌を買った方が安全そうです。
そうすれば夜中の餌付けも楽しそうですね!

消灯後に餌を入れると、ソリハシコモンエビが観察できます!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
アクアリウムというより、生物観察記になってきてる気が…w
自分で購入した生体なのに、なかなか見ることすらできないという
これが海水水槽なんですけどね!

ナガレハナサンゴからまた触手が…
妄想アクアリウム
消灯後はウネウネと触手伸ばしまくっています。
妄想アクアリウム
このときにクリル(オキアミ)を与えたら食べるのかな?

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。