スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水アクアリウムの宿命

30cm海水水槽 558日目
12月5日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

うさぎやネズミや小鳥を飼い始めたこともあり、
すっかり更新頻度が下がってしまった海水アクアリウムですが
当然のことながら、毎日の世話は欠かしていません。

今日、カンザシヤドカリが脱皮していました。
カンザシヤドカリ
カンザシヤドカリの脱皮を目撃するのは3回目。
水族館でも見られない、かなり貴重な瞬間だと思う。
ソリハシコモンエビ
ソリハシコモンエビの脱皮殻もあったので
タイドグラフを見てみたら、今日は「大潮」だった。
水槽という人工環境内でも、自然の摂理は生きているんですね。

昨年7月から飼育していた、一番古株のヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
ライブロックから外れて落下していました。
元の位置に戻そうとしたら、自力で貝殻が閉じられない。
あっ、これは終わったな…と思った翌日には
ヒメシャコガイ
シャコガイは綺麗に食べられてしまいました。
エビとヤドカリにとっては、新鮮な刺身でしかないですからね。
メタリックグリーンに輝く一番思い入れがあったシャコガイなのに…悲しい。
でも、仕方がないんです。これが自然の掟なんです。
海水アクアリウムでも、弱った個体は容赦なく食べられてしまいます。

その日、ブラインシュリンプを与えていたら、
いつもは食べに出てくるオドリハゼが出てこない。
代わりに、同じ場所で大きなカニが何か大きな肉片を掴んで食べています。
あっ、これは捕食されたな…
共生エビとセットで9,800円もした、高級ハゼなのに…悲しい。
と思った2日後には、普通にオドリハゼが泳いでいましたw
え!?じゃああの肉片は何!?と混乱しましたが、
どうやらアレはシャコガイだったようです。
シャコガイさんはみんなのご馳走になったんですね;

オドリハゼ
このオドリハゼは、以前にも死んだと思ったら
なんと隣の水槽に移動して生きていたこともありました。
どうやって!?ジャンプしたの!?
信じられない、奇跡のハゼかもしれません。

そして、ダブルスター(ヒトデ)
ダブルスターフィッシュ
残念ながら、底砂上でバラバラになっているのを発見しました。
飼育約半年。ジュズベリヒトデよりは長生きでしたが、悲しいです。
原因ははっきりとわかりませんが、またヒトデ飼育にも挑戦したいです。
次以降は生態系が豊富な90cm水槽に入れると思うので、
もっと長期飼育が狙えると考えています。

明日は、東京レプタイルズワールド冬へ行く予定。
東京レプタイルズワールド冬
またイベントレポートの記事も書くので、お楽しみに!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ピラミッドスネール

90cm海水水槽 77日目
9月30日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

いつものようにふと水槽を眺めてみると…
なんかシャコガイにびっしり巻貝がくっついてる!
ピラミッドスネール
これは間違いなく食害されてますわ…
シャコガイヤドリイトカケギリ(Tathrella sp.)
ピラミッドスネール
ピンセットでシャーレへ取り除きました。
通称:ピラミッドスネールと呼ばれてる体長数mmの肉食巻貝で
シャコガイの体液を吸血するらしいです。
ピラミッドスネール
できるだけ豊富な付着生体を水槽内に持ち込むようにしているので、
こういった招かれざる客人も来てしまうのは致し方ないところ。
ピラミッドスネールは夜行性なので、消灯後に再チェックしたいと思います。
参考リンク:Tathrella sp (シャコガイの吸血巻き貝)
シャコガイ
見える場所のピラミッドスネールを駆除後。
ライブロックに活着してるんで、シャコガイの裏側までは無理です。
このシャコガイはなんかケヤリムシがいっぱい付いてて
太古から存在するラスボスみたいな雰囲気ですw
シャコガイ
他のシャコガイは食害されてるように見えないんですけどね。
ピラミッドスネールにも好みがあるんでしょうか…

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

茶ゴケ大発生

90cm海水水槽 29日目
8月13日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

アクアやってる人なら誰でも目にするであろう、茶ゴケ。
予想していたことではありますが、強烈な茶苔(珪藻)の洗礼を受けました。
茶苔(珪藻)
茶苔(珪藻)
水流の当たるガラス面に少しコケが付いているな、と思ったら
翌日にはガラス面を埋め尽くす勢いで茶ゴケが大発生ですよ。
茶苔(珪藻)
マガキガイが通った部分だけ道ができています。

しかし、慌てません。
茶ゴケの大発生は、水槽立ち上げにつきものなので
十分予想できていた事態です。
私の取った対策は…

「何もしない」

です。
基本的に放置です。
照明の点灯時間を減らしたり、貝などのクリーナー類は入れましたけどね。

茶ゴケ(珪藻)は珪素(シリカ)を使って繁殖するので、水道水で換水すると
再び水槽内に珪素を補充してしまい、またも茶ゴケが増えるという悪循環に陥ります。
吸着剤などを使うのは抜本的な解決になりませんし、
水槽環境の不安定化に繋がるので、私は好きではありません。
たまに「茶ゴケが酷いからリセットする」と言い出す人も居ますが(淡水に多い)、
どうせ1ヶ月もしないうちにまた発生するのに…

うちでは、この2日後には、水面も茶色になり、水も茶色っぽく濁るという異常事態に。
水槽に手を入れると、茶ゴケが付着して茶色に染まるくらいの酷さ。
しかし、サンゴもポリプ開いてるし、シャコガイも調子良さそうなので、
水が濁っていても放置することにしました。数日間の辛抱だろう。
予想通り、さらに2日後には飼育水が透明に戻りました。
あいかわらず、ガラス面と水面のかなりの部分は茶色ですが…

ライブロックが茶ゴケに覆われてしまい、
せっかくの極上ライブロックが…とテンション下がっていたのですが
合計13匹のタカラガイが綺麗に掃除してくれました。
ガラス面クリーナーにもターボスネールやニシキウズガイを追加しましたが、
来週にはカンギクガイ10匹も追加予定。
これで茶ゴケ問題は解決すると考えています。
サミットストア美し水
換水もできるだけRO水を使う予定。
まぁ、RO水に切り替えた理由は、茶ゴケ対策じゃなくて
ガラス面に付く白い汚れ(カルシウム)対策なんですけどね!

あと、ムカデメリベを飼育しているサテライト内では、
シアノバクテリア(藍藻)が発生しました。
水流も弱く、ブラインシュリンプのせいでリン酸多寡な状態だからでしょう。
なんて教科書通りに発生するんだ。勉強になるなぁ。

という訳で、ガラス面が茶色いのでほんやりとした写真しかありませんが
90cm無脊椎水槽(無濾過)の生体紹介↓

ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
「安かったから」という理由での購入なので
パープル系と柄ブルー系のグレード高くない個体ですが、
それでもやっぱりシャコガイは美しい。
一番好きなメタリックグリーンのシャコガイも欲しいなぁ。

アワサンゴ
アワサンゴ
アワサンゴ
アワサンゴの調子も上がってきました。
クモヒトデがアワサンゴと一緒に棲んでいるのに加えて
2箇所ほどポリプがあまり開いていない部分があるのですが、
よく見ると、何か触手というか鳥の羽みたいなものが揺れています。
最初はカンザシヤドカリかと思ったんですが、
この一定の間隔でのリズミカルな動きはフジツボ類の蔓脚だと思います。
もしかしかたら、このアワサンゴは近海産なのかな。
参考リンク:“フジツボ女子”まで現れた!? 磯辺のフジツボ、魅惑の生態

コハナガタサンゴ
コハナガタサンゴ
蛍光コハナガタサンゴも広がってきました。
半透明のゼリーみたいでかわいくて、ほんと魅力的なサンゴだと思います!

レッドバンデッドスネール
レッドバンデッドスネール
コケ取り部隊として雇われた、ターボスネールの近似種。
よく働いていますが、サイズが小さいので効果はそれなり。

スカーレットリーフハーミットクラブ
スカーレットリーフハーミットクラブ
カリブ海に棲む鮮やかで高価なヤドカリ。
草食性でサイズも小さいので、私は優先して導入しています。
本当に使えるヤドカリですよ!値段はかなり高いけど…
3匹注文したんですが、残念ながら1匹は死着でした。
スカーレットリーフハーミットクラブ
こんな機会でしか、ヤドカリの全体像は見ることがないですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。