スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶ゴケ大発生

90cm海水水槽 29日目
8月13日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

アクアやってる人なら誰でも目にするであろう、茶ゴケ。
予想していたことではありますが、強烈な茶苔(珪藻)の洗礼を受けました。
茶苔(珪藻)
茶苔(珪藻)
水流の当たるガラス面に少しコケが付いているな、と思ったら
翌日にはガラス面を埋め尽くす勢いで茶ゴケが大発生ですよ。
茶苔(珪藻)
マガキガイが通った部分だけ道ができています。

しかし、慌てません。
茶ゴケの大発生は、水槽立ち上げにつきものなので
十分予想できていた事態です。
私の取った対策は…

「何もしない」

です。
基本的に放置です。
照明の点灯時間を減らしたり、貝などのクリーナー類は入れましたけどね。

茶ゴケ(珪藻)は珪素(シリカ)を使って繁殖するので、水道水で換水すると
再び水槽内に珪素を補充してしまい、またも茶ゴケが増えるという悪循環に陥ります。
吸着剤などを使うのは抜本的な解決になりませんし、
水槽環境の不安定化に繋がるので、私は好きではありません。
たまに「茶ゴケが酷いからリセットする」と言い出す人も居ますが(淡水に多い)、
どうせ1ヶ月もしないうちにまた発生するのに…

うちでは、この2日後には、水面も茶色になり、水も茶色っぽく濁るという異常事態に。
水槽に手を入れると、茶ゴケが付着して茶色に染まるくらいの酷さ。
しかし、サンゴもポリプ開いてるし、シャコガイも調子良さそうなので、
水が濁っていても放置することにしました。数日間の辛抱だろう。
予想通り、さらに2日後には飼育水が透明に戻りました。
あいかわらず、ガラス面と水面のかなりの部分は茶色ですが…

ライブロックが茶ゴケに覆われてしまい、
せっかくの極上ライブロックが…とテンション下がっていたのですが
合計13匹のタカラガイが綺麗に掃除してくれました。
ガラス面クリーナーにもターボスネールやニシキウズガイを追加しましたが、
来週にはカンギクガイ10匹も追加予定。
これで茶ゴケ問題は解決すると考えています。
サミットストア美し水
換水もできるだけRO水を使う予定。
まぁ、RO水に切り替えた理由は、茶ゴケ対策じゃなくて
ガラス面に付く白い汚れ(カルシウム)対策なんですけどね!

あと、ムカデメリベを飼育しているサテライト内では、
シアノバクテリア(藍藻)が発生しました。
水流も弱く、ブラインシュリンプのせいでリン酸多寡な状態だからでしょう。
なんて教科書通りに発生するんだ。勉強になるなぁ。

という訳で、ガラス面が茶色いのでほんやりとした写真しかありませんが
90cm無脊椎水槽(無濾過)の生体紹介↓

ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
ヒメシャコガイ
「安かったから」という理由での購入なので
パープル系と柄ブルー系のグレード高くない個体ですが、
それでもやっぱりシャコガイは美しい。
一番好きなメタリックグリーンのシャコガイも欲しいなぁ。

アワサンゴ
アワサンゴ
アワサンゴ
アワサンゴの調子も上がってきました。
クモヒトデがアワサンゴと一緒に棲んでいるのに加えて
2箇所ほどポリプがあまり開いていない部分があるのですが、
よく見ると、何か触手というか鳥の羽みたいなものが揺れています。
最初はカンザシヤドカリかと思ったんですが、
この一定の間隔でのリズミカルな動きはフジツボ類の蔓脚だと思います。
もしかしかたら、このアワサンゴは近海産なのかな。
参考リンク:“フジツボ女子”まで現れた!? 磯辺のフジツボ、魅惑の生態

コハナガタサンゴ
コハナガタサンゴ
蛍光コハナガタサンゴも広がってきました。
半透明のゼリーみたいでかわいくて、ほんと魅力的なサンゴだと思います!

レッドバンデッドスネール
レッドバンデッドスネール
コケ取り部隊として雇われた、ターボスネールの近似種。
よく働いていますが、サイズが小さいので効果はそれなり。

スカーレットリーフハーミットクラブ
スカーレットリーフハーミットクラブ
カリブ海に棲む鮮やかで高価なヤドカリ。
草食性でサイズも小さいので、私は優先して導入しています。
本当に使えるヤドカリですよ!値段はかなり高いけど…
3匹注文したんですが、残念ながら1匹は死着でした。
スカーレットリーフハーミットクラブ
こんな機会でしか、ヤドカリの全体像は見ることがないですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

90cm無濾過水槽立ち上げ

90cm海水水槽 24日目
8月7日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

サンゴやライブロックを届いた順に水槽へ入れていたら、
ショップのストック水槽みたいになっていました。
妄想アクアリウム

ヘライワヅタ
ヘライワヅタ
土台が溶岩石ということで、ライブロックの上に配置。
水槽投入直後は一部の葉が黒く焼け焦げたように変色したのですが
2日間ほどで復活しました。
とりあえずREEF BREEDERSで育成できそうです。

コハナガタサンゴ
コハナガタサンゴ
私が大好きな、ゼリーのようなぷるぷるサンゴ。
30cmキューブのはレッドですが、こちらはグリーン。
ブルーライトに反応してメタリックカラーに輝きます。

ウスコモンサンゴ
ウスコモンサンゴ
茶色は人気が無いせいなのか、かなり格安だったので購入。
大きく渦を巻いたような高さのある個体は、迫力があります。
SPSはほとんど飼育経験が無いので、調子の良し悪しなど全く分かりませんが
ウスコモンは丈夫でそう簡単に死なないとの情報を信じて頑張ります。

ライブロックはこんな感じ。
ライブロック
ライブロック
ライブロック
ライブロックスタンド代わりに「どんとキャット」を敷いています。
参考記事:ライブロック導入
沖縄の3つのショップからライブロックを取り寄せたのですが、
そのうち1つの輸送状態が極めて悪く、乾燥してしまっていました。
CPファームジェイズアクアリュウムからのライブロックは
輸送状態も良好だったので、わざとキュアリングを一切せずに投入。
できるだけ豊富な生体を水槽内に持ち込みたい考えです。

ライブロックレイアウト完成後
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
いやー、本当に疲れました…
90cm水槽ともなると、生体導入と配置に丸一日かかりますね。
例えるなら。
自分の車にアルミホイール履かせて車高調換えてマフラー交換して…
こんな感じで趣味に丸一日潰すでしょ?(私はやったことないけど
あるいは。
自作パソコンを組み立てて配線してOSやアプリをインストールして…
これと同様の時間と労力がかかるわけです。
でも、おかげで水槽が見違えるようになりました!
まだ立ち上げ途中ですが、レイアウトはかなり気に入っています。
仕事用デスクのすぐ隣にあるので、毎日見惚れています。
スペースを空けてある前面は、クサビライシを置くかマメスナ畑にしたいなー。
もしくは鑑賞性を無視してウミサボテンかウミエラを立てるかもしれません!

妄想アクアリウム
水槽の裏側から見たらこんな感じ。
部屋の真ん中に水槽が設置されているので、裏側からも鑑賞できます。
アクリルスタンドや土台などは、マクガイとライブロックで上手く隠していく予定。

水質変化

8月4日(月)
水温 24度
アンモニア(NH3) 0.25mg/l
亜硝酸塩(NO2) 0.5mg/l
硝酸塩(NO3) 10mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH?
炭酸塩硬度(KH) 15d
カルシウム(Ca) 400mg/l

8月6日(水)
水温 25度
アンモニア(NH3) 1.5-mg/l
亜硝酸塩(NO2) 0+mg/l
硝酸塩(NO3) 0+mg/l
ペーハー(pH) 7.4pH?
炭酸塩硬度(KH) 15d
カルシウム(Ca) 500mg/l

8月7日(木)
水温 25度
アンモニア(NH3) 0+mg/l
亜硝酸塩(NO2) -
硝酸塩(NO3) -
ペーハー(pH) -
炭酸塩硬度(KH) -
カルシウム(Ca) -

8月6日(水)でアンモニアが検出されているのは、
先述した痛んだライブロックのせいだと思われます。
(取り出して別容器でキュアリング中)

野心的な(というかセオリー無視な)無濾過水槽の立ち上げですが、
90cm水槽の圧倒的水量によって、不安定な立ち上げ時期も
一気に崩壊しない余裕というか随分と余力を感じさせます。
(小型水槽なら傷んだライブロックのせいで壊滅状態になりますからね…)
誰も真似しないし参考にもしないだろう特殊なコンセプトの水槽ですが、
自分のためにも経緯をブログに残していきたいと思っています。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

コハナガタサンゴ追加!

30cm海水水槽 214日目
12月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

最近は多肉植物やボトルアクアリウムの話題が多かったので、
海水水槽のネタが貯まってきました。
今回は写真と共に一気に放出したいと思います!

魚が7匹もにぎやかに泳いでいた海水混泳水槽ですが、
白点病のせいでついにプテラポゴン・カウデルニーだけになってしまいました。
前日まで普段どおりだったマンダリンが忽然と姿を消したのはショックで…
テグリはほとんど白点病にならないはずなんですけどね…

ウミキノコも久々に2次ポリプまで全開で、水槽の調子も快調に戻ったんですが
この好調~不調の波の激しさと急激な変動が小型水槽の怖さですよね…。
ナガレハナサンゴなんて購入時の3倍に広がるくらいものすごく好調なんですが
白点病ラッシュの直後なので、当分は魚を追加しないで様子を見たいと思います。
イバラカンザシ水槽改めハゼ水槽の方は、カニハゼ・ミヤケテグリ・オドリハゼと
全個体の生存を確認。カニハゼは元気かどうかさっぱりわからないので心配です。

さて、魚がダメならサンゴだよね!ということで、久しぶりにサンゴを追加~

コハナガタサンゴ
妄想アクアリウム
これは水槽に入れた直後の様子。
LPS(ラージポリプ)のハードコーラル(骨サンゴ)で、
ぷっくり膨らむ半透明の共肉が美しくも可愛らしい種類です。
どこまで膨らむか分からないので、置く場所に困って
クサビライシみたいにとりあえず底砂の上に置きました^^;
妄想アクアリウム
しばらくすると、共肉が膨らんできました。
触った感じもゼリーみたいにプニプニしてます。
まだ小さな個体ですが、レッドにグリーンの色鮮やかなラインが入り綺麗ですね!
コハナガタサンゴにはグリーン、オレンジなどのカラーバリエーションがありますが、
このレッドなんかは入荷数が多くなく、なかなかな値段がします;
メタリックやツートンは余裕で1万円超えますよね…ガクガクブルブル

そんなぷっくり可愛いサンゴですが、このサンゴには裏の顔があって…
消灯後の夜の水槽を覗いてみると
妄想アクアリウム
共肉が縮んで、代わりに触手を伸ばします!
この状態のときに給餌すると、中心の口まで運んで食べるんですよねー。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
給餌した翌日はさらに元気に!
存在感のあるサンゴなので、何個かまとめて主役にしたくなりますね!
(そんなお金に余裕は無いですが…
透明感のあるピンクになるかもっとレッドが濃くなるか、
どういう風に色揚がりして成長するのか楽しみです。

妄想アクアリウム
元はブルースポンジの土台だったライブロック。
この上にコハナガタサンゴを置く予定だったんですが、
なんだかハマサンゴがどんどん広がって接触しそうなので止めました。
ハマサンゴってこんなに早く成長するものですか?うーむ。

妄想アクアリウム
ヒドロ虫に侵食されて骨格が見えているコエダナガレハナサンゴ。
隣のナガレハナサンゴは超元気なんですが、どうしてコエダだけ…?
ヒドロ虫を食べるムカデミノウミウシ導入に失敗したことが本当に悔やまれます。

妄想アクアリウム
濾過を強化してパワーヘッドのメンテを実施したおかげなのか、
飼育水の透明度も上がり水槽も全体的に調子が良いです。
イバラカンザシベースのハマサンゴもフッサフサ!ポリプが茶色で地味だけど。
妄想アクアリウム
拡大してみます。
カンザシヤドカリやクモヒトデが顔を出していますが、
こんなにポリプがフッサフサの絶好調!でも地味だけど。

妄想アクアリウム
芝生の上を散歩するようなグラスシュリンプ。
絵になります。でもサンゴは地味だけど。

妄想アクアリウム
このハマサンゴ、未だによく分からないんですよねー…
20Wのフルスペを意識したLED直下に配置すると調子が悪かったんで
14Wのブルーに換えて直撃を避けるようにすると調子が上がったということは、
浅場じゃなくて深場産なのか?水流も強いより弱めが好みなのか?
よくわかりません。

妄想アクアリウム
私が愛して止まないグラスシュリンプの写真ももっと載せましょうかー。
現在、ソリハシコモンエビが2匹います。
妄想アクアリウム
水質悪化するとニセアカホシカクレエビは即行方不明ですが、
このソリハシコモンエビは生き延びてくれました。
ザリガニ用の餌を入れるとホワイトソックスは飛びついて来るんですが、
ソリハシコモンエビはそんなお下品なことはしません。
っていうか、普段は何を食べてるのか謎です…

妄想アクアリウム
マガキガイに押されて傾いてしまったトサカガキ(貝)ですが、
貝の口が5mmくらい開いてるでしょ??
これが調子の良い証拠なんです!!(地味
飼育難易度の高いトサカガキですが、何度か表面のカイメンが剥がれたものの
とりあえず真っ赤な状態を維持できています。

イエローポリプ
ほぼ毎日給餌してるせいか、どんどん成長するイエローポリプ。

妄想アクアリウム
小さい方のハードチューブはサテライトに入れてたら
砂を掘りまくる共生エビに埋められて弱ってしまい、
鰓冠がこんなに小さくなってしまいました。
ハゼ水槽に避難させて回復を試みます。

妄想アクアリウム
人工餌を食べ終え、ツツウミヅタとイバラカンザシの咲く前で
食後のコーヒーを飲む(?)、ホンヤドカリ。
こいつが問題児なんです。
妄想アクアリウム
タマゴの殻みたいな可愛い貝殻に入っていますが、
行動は全然可愛くありません。
マメスナを齧り、ラセンケヤリを襲ってるところを現行犯で押さえました。
「おまわりさーん、この人です!!」
妄想アクアリウム
購入時は5mmにも満たないミニミニサイズだったのに
3cmくらいになってこんなに凶暴に…
右腕のデカいハサミが恐ろしいですわ。
とりあえず毎日餌を食わせて、空腹で暴れないようにしています^^;
みなさんも、ヤドカリを買うときは注意が必要ですよ。
私も次は大人しいアカツメサンゴヤドカリにするつもりです!

次回のネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。