スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンゴウオ水槽へライブロック追加

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、元旦からダンゴウオ水槽にライブロックを組んでおりました!
キュアリングしてた近海産ライブロック
妄想アクアリウム
20cmキューブのダンゴウオ水槽はこうなりました↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
私のいつもの例に漏れず、ライブロック多すぎな気もしますが、
小さな海藻なども付着しているライブロックなので微生物の湧きも期待できそうです。
妄想アクアリウム
ちなみに、水槽の場所はシンクのベタボトルの隣です。
照明は淡水水草用を共用なので、海水水槽なのに青くありません。
妄想アクアリウム
5.8Lベタボトルにはヒーターを入れちゃいました。
ライフリングに入っていた水草がことごとく溶けてきたので、
ボトルの中にソイルを敷き詰めたガラスポットを入れて
そこにスクリューバリスネリアを植えています。
そんな状況なので見栄えは悪いですが^^;
いずれ、ベタボトルの綺麗な写真も撮ろうと思います!

妄想アクアリウム
さっそく、緑のダンゴウオがヘライワヅタに乗っかりました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
保護色状態で見つけにくいですが、とにかく可愛い。
これだ!これなんだよアニキ!
海藻を入れたのは、これが見たかったんだよ!
赤い紅藻類も入れて、赤いダンゴウオとも共生させたいなぁ。
ダンゴウオたちはライブロックに付いていたであろう何かも食べています。
うんうん、いい感じ。

と思ったら…
妄想アクアリウム
ダンゴウオに気を取られて気付かなかったけど、
海藻に思い切りカーリー(セイタカイソギンチャク)が生えてるじゃねーか!!!
ライブロックを見える範囲で調べてみると、7~8個体は生えている様子…
くそう…自然に近いライブロックは嬉しいけど、カーリー群生はマジで勘弁して欲しい。
ここで買ったライブロックには前回もカーリー付いてたんだよなぁ。

もう夜遅いし、帰省準備やら仕事やら忙しいんだけど
カーリーを放置するとガンガン増えるので…
妄想アクアリウム
脳内にコレ↑が浮かんできました。
今から、頑張ってカーリー駆除をしたいと思います;

追記です↓

水換え用の人工海水を作ろうとしたら、バケツの底になんか小さな白い物体が。
ゴミかと思って捨てようとしたら…動いた!?
え!?なんで水換え用のバケツに何か生物が居るの!?
よく考えたら、ライブロックをキュアリングしていたエアレーションに付いていた
エアーストーンをこのバケツに入れておいたせいだと思います。
ライブロックの生物がくっついて来たのでしょう。

体長1cmくらいのミニミニサイズの生物を撮影してみました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
カニのような甲殻類に見えますが、ヤドカリみたいに殻を背負っています!
水換え用のバケツに入れられてよく生きていてくれたなぁ。
見たことも聞いたこともないカニなんで興味は尽きないですが、
そっとダンゴウオ水槽のライブロック傍に入れてあげました。
google先生に聞いてみたら、「サメハダヘイケガニ」というカニは二枚貝を背負うらしい。
「カイカムリ」というカニは貝以外にも色んなものを背負うらしいですね。
うーん…小さすぎて同定はできませんが。
カイカムリ
これを見た感じでは、カイカムリっぽいですね!
小さすぎてもうどこに行ったかさっぱり分かりませんが、
元気に成長して欲しいものです。甲殻類用の餌も沈めておこう。
さすがライブロック、キュアリングしても未知の生物が湧いてくるぜ!
でもカーリーは要らないけどな!!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

海水水槽近況

30cm海水水槽 129日目
9月17日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

実家に帰っていたので、しばらく留守にしてました。
前回は48時間不在にしたら魚4匹死亡で壊滅状態になりましたが
今回は36時間で帰ってきました。
心配しながら水槽を覗くと…誰も死んでおらず、ホッと一息。
しかし、消灯後なので水槽の詳細までは分かりません。
(18時になるとタイマーで照明が消える設定にしています)

翌日、照明が点灯してから見てみると…
イバラカンザシを入れてる方の新水槽がやたら汚い!
水面は泡立ってるし、ゴミみたいなのが舞ってるし、
サンゴは脱皮したみたいに皮みたいなのがこびりついて、
それが水流でたなびいています…

ウミキノコやトサカみたいなソフトコーラルじゃあるまいし、
ハードコーラルが脱皮なんてするはずが無い!
これはアオミドロ状の藻じゃないの?
緊急換水の準備をしながら、スポイトで藻を吹き飛ばしました。
カンザシヤドカリは元気みたいですが、
イバラカンザシの1つが中身が出ちゃっています!
中身が穴から飛び出して底に落ちています…
妄想アクアリウム
ピンセットで無理矢理、元居た穴に戻しました。
何度も落っこちるが、ゴカイはまだ生きてるので、
駄目元で何度でも穴に戻してみました…
鰓冠を自切するならともかく、穴から飛び出すなんて…;
もう助からない可能性が高いですが、イバラカンザシは水槽内で繁殖できないし
なんとか生き延びて欲しいものです。

ちなみに、イバラカンザシの穴の中身を初めて見ました。
あんな純白のゴカイだったんですね。

仕事で忙しすぎて水槽面の掃除をする時間が無いので、
あまり写真が撮れず、海水水槽近況のみの報告。

元の魚水槽の方は水が綺麗なんですが、
新水槽は水面に油膜みたいなのができたので
フィルターの水流を強めようとすると
妄想アクアリウム
外掛けフィルター付近に、ウミウシが産卵していました。
これで2度目。
いくら雄雌同体とはいえ、なんで1匹で産卵するんだよ。

妄想アクアリウム
白化したブルースポンジの土台部分にポリプみたいなのを発見。
これは何かのサンゴでしょうか?

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
イバラカンザシの裏側にくっついてるイソギンチャクが
元気いっぱいに広がりまくっています…
やっぱりカーリーな気がしてきた;

水質検査

09/15
水温 24度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)10+mg/l
ペーハー(pH) 7.4pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

09/17
水温 24度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0+mg/l
ペーハー(pH) 7.8pH
炭酸塩硬度(KH)15d
カルシウム(Ca)400mg/l

それはまぎれもなく奴さ

30cm海水水槽 124日目
9月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

まずは…奴と決着をつけねばなるまい…
妄想アクアリウム
サボテングサの間に、こんなデカいカーリーが生えてやがったぜ…
妄想アクアリウム
スチャッ
妄想アクアリウム
ズドーン
妄想アクアリウム
サイコガンは心で撃つもんなんだぜ

左手のサイコガン(アイプタシアX)が(脳内で)火を噴いて、
奴をぶっ倒してやったぜ。

寝る前、ふと水槽を覗いてみると…マメスナの間に奴が!
マメスナのポリプが閉じてる夜間なら、被害が最小限に抑えられるかもしれん。
妄想アクアリウム
ズドーン
妄想アクアリウム
奴は蒸発した。
妄想アクアリウム
「な、なにがあったんだよ」
っていう感じでマンダリンが覗きに来ています。

ふーっ。これで一安心。と思ったのだが…

まだまだすぐに隠れてしまいますが、
イバラカンザシ・カンザシヤドカリが姿を見せ始めました。
妄想アクアリウム
ハマサンゴはSPS(ポリプの短い石サンゴ)なんで、調子がよく分かりませんが
これで一応ポリプが開いているのかな?

カンザシヤドカリの1匹が動かない。
あれ、調子が悪いのかな?と思ってじっと見ていると、穴から這い出す動き。
ええっ!?穴から出るのか!?と思ったら、なんと脱皮でした!
妄想アクアリウム
まるで上着を脱ぎ捨てるように古い皮を放り投げました。
鳥の羽根のような第二触角も脱皮しています。
カンザシヤドカリは穴から出ずに脱皮するのか。
でも、抜け殻は上半身だけ。下半身は脱皮しないのか?
水族館でも見られないような、貴重な瞬間を目撃しました。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
カンザシヤドカリはこんな風に第二触角を伸ばして
水中のプランクトンを捕まえて食べています。
カンザシヤドカリの餌としては活ブラインシュリンプが最適ですね。
スポイトの影に怯えてすぐに隠れてしまいますが
ブラインが流れてくると、身を乗り出して食べに来るのが可愛いです。

カンザシヤドカリは全部で7個体もいることが判明!
左の棲管から2本の触手を伸ばしているのはゴカイの仲間かヘビガイか。
調べてみると…サンバンセツバサゴカイなんでしょうか?
他にもクモヒトデが住み着いている穴もいくつかあります。
このハマサンゴは、いろんな生き物たちのマンションですね!

こんな感じで眺めていると、イバラカンザシのフタに、禍々しい物体が…
これは…カーリーかよ!しかも3つも!
「フフフ…いいのか?俺を撃つと、下のイバラカンザシも死ぬぞ?」ってことか?
てめぇ…人質とは汚ねーぞ…
ピッコロさんのようにゴクウごと魔貫光殺砲で撃ち抜くべきなのか!?
しかし、イバラカンザシは水槽内では繁殖しないので、
死んでしまうと取り返しがつかない。うーむ。
こんな場所にすらカーリーが生えるとは…恐ろしい生物です…

リフジウム急変

30cm海水水槽 120日目
9月8日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽の横に設置して簡易リフジウムとして使用していたサテライトですが
妄想アクアリウム
突然、海藻が半分以上溶けました!
あんなに隙間無くぎっしり繁殖してジャングル状態だったのに…
妄想アクアリウム
小型LEDライトを常時点灯しているのですが、
見事にその周りの部分(白線内)だけ生き残り、
その外の部分はキレイに溶けてしまいました。
(溶けた海藻はピンセットで取り除いています)

この小さな照明では足りなかったか。うーむ。
↓この通りの結果になってしまいましたね。
リフジウムで海藻を別の水槽に入れるのは何故ですか?

水槽は暇さえあればよく観察しておくことが肝心。
妄想アクアリウム
ふと見ると、隔離ケースのフタにカーリー(セイタカイソギンチャク)が出現!
デジタル温度計のキスゴムにも出現して退治したばかりだというのに。
すぐにカーリー駆除薬「アイプタシアX」を取り出して、お仕置きのお注射!
すると、飛び散ったアイプタシアXを、ベラがバクバク食う!
釣られてクマノミもバクバク食う!お前ら、それ餌じゃないから!
こんな毒々しい紫色の溶液にも喰らい付くとは…ベラの食い意地は恐るべし。

マメスナギンチャクにくっついていた貝はコイツ↓と判明。
ウノアシガイ

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)は、まん丸になってスポンジをモグモグ。
妄想アクアリウム
ブルースポンジはすっかり白くなってしまいました;
そしてウミウシはまたデカくなった…?

サンゴ復活!そしてアレも復活;

30cm水槽立ち上げ 36日目
6月17日(月)

水換え後にまた水槽面にコケが目立ってきたのですが、
1度も掃除していないのに、いつの間にか減少してきています。
ガラス面のコケ取りといえば貝が有名ですが、うちでは…
妄想アクアリウム
なんと!イソギンチャクモエビが垂直に貼り付いています!
全く足場も無いのに、どうやってくっついていられるのか謎です。
妄想アクアリウム
温度計のコードやポンプのパイプまで掃除してくれます。
うちのタンクメイトは働き者ばかりだなぁ。

恒例の水質検査。

水温 26度
アンモニア(NH3)0mg/l
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0+mg/l
ペーハー(pH) 8.0pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

数値上は完璧でございます。
魚が居なくなったし、餌もやってないからね。

今回のトラブルが原因で
わずか数日で失ったタンクメイトと購入金額は…
ハタタテハゼ 980円
キノコボヤ 3,800円
パープルスポンジ 2,870円
合計 7,650円

ううう…金額も痛いけど、生体を死なせてしまったことが悲しい。
でもエビは1匹も落としてないし、頑張ります。

ウミキノコの一次ポリプがやっと開きました。
マメスナはまだ5分咲き程度。
小型水槽はちょっとしたことで一度バランスを崩すと、
回復するまで本当に苦労しますね;

サンゴが復活してきた!
と思ったら、ライブロック裏に禍々しいシルエットが…
妄想アクアリウム
以前と同じ場所にカーリーが復活してる!
さすがの生命力です…orz
今ライブロックを動かすと、またサンゴが不調になるので
しばらくは様子見にしようかな。

そして、別のライブロックにはバロニアらしき緑の玉が…orz
バロニアは見た目が綺麗だけど、繁殖するとヤバイんだよね。
厄介者写真館 バロニア
今晩のおかずはバロニア

1つの問題が解決すると、即座に次の問題が発生する現象を
「渡る世間は鬼ばかり」現象と自分の中で呼んでいますw
水槽を眺めて癒されているより、
トラブル解決に奔走してる時間の方が長い気がする…
それでも、マリンアクアリウムは止められないんですけどね!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。