FC2ブログ

ウミキノコ

30cm海水水槽 370日目
5月31日(土)
現在の海水水槽タンクメイト

まだ5月だというのに連日の暖かい気候で
室温が25度を超え、水温は早くも30度に迫る状況に!
ブラインシュリンプ孵化率が急上昇したけど、喜んでばかりはいられない!
高水温のせいでハマサンゴ白化が始まったので、慌ててエアコンを終日稼動。
水温25度で安定させると、サンゴの調子も戻ってきました。
ふー。これで一安心。

引越し直前なのでガラス面を全く掃除していないので
見苦しくてすいません;
ウミキノコ
昨年5月に購入したので、ちょうど1年が経過したウミキノコは
30cmキューブの水面に達するほど巨大化…!
妄想アクアリウム
購入時はこんなに可愛らしいサイズ↑だったのが…
ウミキノコ
↑覆い尽くす勢いでポリプを伸ばしています!
ウミキノコのせいで日陰になったアワサンゴが弱って
ついに骨格だけになったしまいました;
ウミキノコが元気なのは良いんですけどね。
引越しの機会に水槽サイズアップも考えないとなぁ。
ウミキノコ
巨木のようになったウミキノコの幹(?)には、
蝉のようにいつもホワイトソックスが住み着いています。
ホワイトソックスはライブロックのオーバーハングなどに
棲みつく習性のはずなんですが、このデカさのサンゴならいいのか^^;

水温30度になっていたときも、底砂上のウミイチゴが所狭しと巨大化。
陰日性サンゴは低水温が好みなんじゃないの!?
ウミイチゴは結構深い場所に生息してるはずなんですが。
ポリプこそ満開になりませんが、モリモリ膨張しています。
うーむ、情報が少なすぎてよく分からないな…
ウミキノコも購入からもうすぐ5ヶ月目。
まあ何にしろ、飼育が難しい陰日性サンゴも元気なのは良いことですw
水槽サイズアップが実現したら、もっと伸び伸びと成長させてあげたいな。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト



アクアリウム撮影会03

30cm海水水槽 141日目
9月29日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

アクアリウム撮影会、今回は無脊椎・サンゴ編です。

イソギンチャクモエビ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水流でたなびくナガレハナサンゴの間で動き回る様は幻想的!

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴをクローズアップ撮影すると、
神秘的というか謎の生き物にしか見えませんw

ウミキノコ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
しばらく不調の時期もありましたが、最近は復調してきました。

ツツウミヅタ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽最前面にイバラカンザシを配置したので、
ツツウミヅタはその奥、撮影に不向きな上向きの配置となりました。

オオトゲトサカ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
飼育難易度の高い陰日性サンゴです。
購入時より大幅に縮小して調子を落としていますが、なんとか持ち直して欲しいものです。

アワサンゴ
妄想アクアリウム
アワサンゴは成長が遅いと言われていますが、
購入時より2回りくらい広がってきたと思います。
妄想アクアリウム
もう1個体は巨大ウミキノコの奥なので、なかなか写真も撮れません。
可憐で繊細なポリプを咲かせるので、もっとじっくり鑑賞したいのですが
小型水槽の宿命で、置く場所がありません;

妄想アクアリウム
これはヒザラガイでしょうか?
マメスナのある枝ライブロックにくっついてたのは
こいつだと思われます。

ウミウシ初挑戦

30cm海水水槽 67日目
7月18日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

どうせ餌付けしないといけないんだから!ということで
餌付けが難しい魚をさらに追加!!

マンダリンフィッシュ(ニシキテグリ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ヨコエビやプランクトンを中心に食べるネズッポの仲間で、
人工餌をなかなか食べない飼育が難しめな魚です。
このカラフルでサイケデリックな体色!
引っ越して大型水槽になってから飼おうかと考えていたんですが
コバンハゼ(キイロサンゴハゼ)でどうせブラインシュリンプ湧かせるなら
一緒に飼えるかな、ということで。

実は、キイロサンゴハゼと一緒に注文してたんですが、
ショップのミスでホンソメワケベラが届いてしまっていたんですよ^^;
すごい元気なホンソメワケベラだったんですが、うちの水槽でベラは飼えないし
大型ヤッコも居ないんでクリーニングの必要も無いし…
そういえば、ソリコシコモンエビもクリーニングシュリンプなんですが、
動きの早い魚ばかりですぐ逃げられています^^;
マンダリンは動き遅いからさっそくクリーニングに向かうけど、
ネズッポは鱗が無いし、クリーニングの必要無いんじゃ…?

妄想アクアリウム
100均でパスタケースを買ってきて、
この中でブラインシュリンプエッグを孵化させます。
これならエアレーションしても塩水が飛びにくいかなと。
妄想アクアリウム
ちなみに、同じようにパスタケースでワムシ(海生動物プランクトン)の
養殖も試みています。どんどん研究所チックに…

妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼに餌付きやすいと聞いて準備した
「メガバイトレッドS」「メディフィッシュ」
妄想アクアリウム
今まで使っていた人工海水「テトラ マリンソルトプロ」が尽きたので
「レッドシー コーラルソルトプロ」へ変更。
割高ですが、リーフタンクにはこちらの方が安心感があります。
マリンソルトプロ買った当初は、サンゴ飼うつもりなかったんですけどね!w
妄想アクアリウム
神々しいまでの純白の塩。

スポイトでブラインシュリンプを与えているのですが、
キイロサンゴハゼはほとんど食べません。
スポイトを警戒しているのか?と思ったので
水流に乗せてブラインシュリンプを流してみると、
いくらかは食べている様子。しかし、食が細すぎる…
今日はライブロックの上からほとんど動かない。
購入時から痩せていて元気が無い状態で、厳しい感じです。
少しは食べたということで前向きに考えて、
キイロサンゴハゼの体力が尽きる前になんとか頑張りたいと思います。

マンダリンは、ブラインシュリンプをいくらか食べているようですが、
動きが遅いのであまり食べれていません。
それより底砂やライブロックをつついているので、
ヨコエビなどを食べているのでしょう。
元気に泳ぎ回っているし、マンダリンの方は元気で心配なさそう。

連日の餌付けチャレンジで、餌をたらふく食べているのは
デバスズメダイとプリンセスモノクルブリームの2匹!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームはお腹パンパンなほど食べてるし、
パープルな体色がここまでビビッドに色揚がりしてきました!

余談ですが…
魚のデカいウンコを初めて見た気がします。
いや、魚も生きてるんですから、毎日排出してるはずなんですが、
今まで餌は最小限に抑えていたので、
ウンコはほとんど目に入らなかったんですけどねー。
同様に、淡水水槽のショーベタのウンコも見たことがありません。
アイドルはウンコなんてしないんです!!!(オスだけど)

妄想アクアリウム
ウミキノコもこんなに巨大に成長して…
ちなみに、6月3日のウミキノコさん↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
1ヶ月ちょっとでこんなに大きくなるとは。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミキノコに裂け目が。2つに別れたりして^^;
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴもどんどん広がってきました。
海生生物は成長が早いですね。30cmキューブ水槽じゃすぐ手狭になってしまいます。

さて、またまた生体追加なんですが…
ここからはウミウシの写真が続くので、
苦手な方はこの後は見ないようにご注意下さい。

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水合わせ中。
ついにウミウシ飼育にまで手を出してしまいました。
ウミウシは飼育が困難なことで有名なんですが、
このポルガドットスラッグは珍しく食性が判明しています。
それでも長期飼育は困難なほど難易度が高いんですが、
頑張ってみたいと思います!
妄想アクアリウム
水槽へ。すごい存在感です。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
体長4~5cmと聞いていたのに、伸びると6cm以上あるんじゃないか!?
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽の中を元気に動き回っています。
妄想アクアリウム
フィルターのポンプの上に登ったり、
妄想アクアリウム
パワーヘッドの上にも登ったり。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
フィルターの排出口近くに腰を据えて、
気持ち良さそう(?)に水流に当たっています。
水流が好きなんでしょうかね。
妄想アクアリウム
水槽のガラス面を這っていたと思うと…
妄想アクアリウム
滑って底まで落ちてしまいましたwドジっ子かよw
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミウシは本当にミステリアスな生き物です。
見ていて飽きませんね。

サンゴ2種類追加!

30cm水槽立ち上げ 41日目
6月22日(土)

ハタタテハゼが捕食され、犯人捕縛のトラブルで水質悪化。
生体をいくつか失ってしばらく経ち、久しぶりの生体追加です!
ガラス面のコケ掃除も行ったので、やっと写真もアップできますw

妄想アクアリウム
ソフトコーラルのツツウミヅタを水合わせ中。
おまけにクモヒトデも付いてきました。やったね!
クモヒトデは見た目が良くないと敬遠する人も多いですが、
私は水槽に有益なクモヒトデは大歓迎です!
(写真ではバケツの右下に写っていますね)
某ショップの通販で生体を購入したときには
トラウマになるような5cm近いデカさのウミケムシが付いてきましたが、
こんな迷惑なおまけはマジで止めて欲しいです…
さすがにクレームの電話しましたよ^^;
妄想アクアリウム
ツツウミヅタを水槽へ。まだポリプは閉じています。
ソフトコーラルの中でも飼育難易度がかなり高い種類です。
妄想アクアリウム
数時間で少しだけポリプが開きました。
スノーポリプと呼ばれるだけあって、真っ白で繊細な模様が美しいです。
右側しか開かないということは、左側からの水流が強すぎるのか?
慎重に様子を見て、配置も考えていこうと思います。

妄想アクアリウム
初のハードコーラル(骨格サンゴ)、アワサンゴです!
ウミキノコの右下に配置しました。
ポリプが伸びておらず、サンゴの骨格のみの状態です。
このサンゴは物理的ダメージに弱いので、
あまり下の方に配置すると、元気すぎるヤドカリやマガキガイに
蹴落とされるかもしれないので…
妄想アクアリウム
こちらはすぐにポリプが伸びてきました!
グリーンの配色が美しく、小さいポリプが可愛らしいサンゴです。
ちなみに、このサンゴにもクモヒトデが付いていました。
さっきと違うショップから買ったのに。まあ、私的には嬉しいですけどね!
妄想アクアリウム
上から見た図。
小型水槽ですが、やっとサンゴ水槽っぽくなってきたかな?
この水槽ではこれ以上サンゴを追加するのは難しいですね。
本当はシャコガイも入れたいんですが、サイズ的に無理すぎる^^;
妄想アクアリウム
ウミキノコの裏側にいるイソギンチャクモエビ。
この「セクシーシュリンプ」は本当にフォトジェニックです。
もしマリンアクアリウムを始めたい人がいたら、
是非このエビを勧めたいと思います!
妄想アクアリウム
換水で水面が下がってきたところを下から撮影。
ウミキノコの背が高くなった気がします…
成長したんでしょうか…?

サテライトの掃除要員として、SSサイズのマガキガイも購入。
…のはずが、3cm程度の個体が届いてしまったので
サテライト投入を諦めて、本水槽に入れました。
1~2cmって書いてあったのに、大きすぎるだろ…
通販じゃ実物を見れないので、念を押さないとダメですね;

水合わせに飼育水を使ったことに合わせて換水10リットルを実施。
換水するとウミキノコが大喜びで全開になってとても可愛いです。
しかしマメスナさんは相変わらず7分咲き程度…
丈夫なサンゴなのでそう簡単に死んだりはしないと思いますが、
以前のように咲き乱れて欲しいものです。

テッポウエビ捕獲作戦

30cm水槽立ち上げ 30日目
6月11日(火)

突然の悲劇から一夜明けての30cmキューブ水槽。

ウミキノコと戯れるサンゴモエビ。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
しかし、これが美しくポリプを広げたウミキノコを見た
最後になろうとはこのとき知る由もなかった…

キノコボヤ
妄想アクアリウム
1つの群生が飛んでいってしまいました。
餌が足りないのだろうか?
ズープランクトンスをスポイトで与えているのですが、
餌が浮かび上がってしまい、きちんと給餌できているのか不明。
しかも、与えすぎると水が汚れてしまう。
やっぱり生きているプランクトンを投入しないと厳しいか。
残りの群生は元気そうなので、なんとか元気になって欲しい。
妄想アクアリウム
このホヤが活着しているライブロックに2つのポリプらしきものが
見えるんだけど、何でしょうね。
そのうち成長して、種類が判明するかもしれません。

あと、ライブロックに活着しようとしていたヒドラ(クラゲ)を排除しました。
サテライトにも1個いたので、同じく取り除きました。
魚が居なくなったこともあり、ヒドラ増殖のリスクは無くしておきたいです。

そして問題の核心。
魚を襲ったテッポウエビを放ってはおけない。
新しく魚を入れられないし、他のエビや貝が捕食される危険性もある。
しかし、ライブロックの奥深くに潜むエビを捕らえるのは至難の業。

肉食のシャコやカニを罠で捕まえた例は数少ない。
奴らは用心深く、そう簡単にトラップに掛からない。
シャコ捕獲!
シャコの捕獲に成功しました
厄介者
けれど、ライブロックを取り出しての大捕り物は
水質や環境へのダメージが大きくなること必至なので
ここは駄目元でトラップ作戦をやってみることにしました。

妄想アクアリウム
餌はこれ。夜遅くだったので、
これくらいしか魚の切り身が残ってなかった。
妄想アクアリウム
古典的なペットボトルトラップです。
100均のネットを利用して、切り身に釣られて入れば
出るのに苦労するような作りになっています。

さて、いざ水槽へ罠をセット!

…と思ったら、水槽に比べて罠が大きすぎて設置できない!
ライブロックスタンドが邪魔をして、底砂上に置けないのだ。

なんてこった。仕方がない。
ペットボトルをさらにカットして、無理矢理配置できる大きさに。
ただし、これでは餌を食べに来たエビは容易に脱出できてしまうので
ターゲットがネットの中に入った瞬間、ネットを持ち上げて捕獲する
という、釣りのような動きをしなければなりません。
これは、水槽の前でじっと待っている必要があることを意味します。

電気を消して、水槽前でじっと待機。
この時点で、作戦開始から3時間が経過。

…結局、トラップでの捕獲を断念しました。
ライブロックスタンドのせいでまともに配置ができないのと
水質への悪影響が心配だからです。

早くも悪影響が…

飼育水全体が生臭い気がする。
これはやばい…
このまま明日の朝まで放置すれば、
生体にダメージが広がってしまうかも…

バケツにヒーターを放り込んで
深夜3時からの緊急換水約5リットル。

こうしてトラップ作戦は大失敗に終わってしまった。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】