スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウツボが飼いたい!

30cm水槽立ち上げ 47日目
6月28日(金)

投入したコペポーダですが、一夜明けて翌日になると
ほとんど姿が見えなくなっていつもの水槽でした…
浮遊性なのでライブロックに隠れたとは思えないし、
死骸が浮いてるわけでもないし、どうなったのだろうか…
適正数だけ生き延びてくていたら良いのだけれど。

久しぶりにの水質検査。

水温 26度
アンモニア(NH3)0mg/l
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

魚入ってないっすからね~
これでアンモニアとか亜硝酸とか検出されたら
水槽崩壊してるってことなんで。

でも魚入れたくてウズウズしてます。
ハゼのようにライブロックを住処とするんじゃなくて、
水槽上部を遊泳する種類なら大丈夫じゃないか?と思うけど
またテッポウハゼの食害にあったらと思うと躊躇してしまいます。

パープルスラッグ (シンデレラウミウシ)も入荷していますが、
餌となるべきパープルスポンジが水質悪化で溶けてしまったので
現状ではとても挑戦できないかな…;

あと、購入時の倍以上に大きく成長したヤドカリが
ミニマガキガイを襲っていたので救出しました^^;
肉食性の強い種類じゃなく草食性のヤドカリを選んで入れていても
大きくなってくるとヤドカリも扱いが難しくなりますからねー。
ヤドカリには可哀想だけど、わざと引越しの貝殻を入れずに
成長を抑えておいた方がバランス的には良いのかもしれません。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。