スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベタの飼育は難しい

20cm淡水水槽立ち上げ 9日目
7月9日(火)

ベタの飼育は簡単、と言われていますが…

ベタの飼育は本当に難しい!

HMマーブルの尾びれが欠けてしまいましたが、
妄想アクアリウム
欠損がもう少し進行してしまった気がします…
妄想アクアリウム
OHMグリーンの背びれと尾びれにも裂け目を発見。

以下、この数日の出来事をまとめると

7月7日(日)

餌:冷凍ミジンコ
ベタの食いつきは…悪い!
一応、食べるんですが、水中を漂っているミジンコは無視。
嗜好性が高いと予想してたんですが、赤虫と違ってミジンコはダメなのか。
食べ残しが大量に発生する=水が汚れるため、餌付けは少しで終了。
余ったミジンコは、海水水槽のデバスズメダイに与えてみたら…
水槽から飛び出しそうな勢いで狂喜乱舞してましたw

水質検査結果
水温 26度
アンモニア(NH3)1.5-mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.8-mg/l

この数値はかなり厳しいです。
すぐに換水を各2リットル実施。

7月8日(月)

餌:チャーミーベタ
非常に食いつきが良いです。
今後もメインの餌になりそう。

水質検査結果
水温 26度
アンモニア(NH3)0.25+mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.3+mg/l
換水のおかげで前日より数値は下がっているが、
まだまだ水槽が立ち上がっていないことを示しています。
もっと水換えしたいけど、換水しすぎると逆にストレスになりそうで。

7月9日(火)

餌:冷凍赤虫
ヒレの回復には動物性餌が効果的ということなので。
やばいくらい食いつきます。
今まではOHMグリーンの方が元気だったんですが、
HMマーブルなんてピンセットにまで飛びついてきます。
ヒレが欠けてるくらい体調悪いんじゃないのかよ…^^;

濾過をストップしていたHMマーブルの水槽が油膜で酷いことになっているので、
排水口にウレタンマットを挟んで水流を出来る限り抑えて
スポンジフィルターの稼動を再開しました。

妄想アクアリウム
ヒレ保護のために、添加剤を購入。
テトラ アクアセイフ
マジックリーフを浮かべておいた水を各2リットルずつ換水。
スポイトで油膜を取り除いていると、HMマーブルの子が近づいてきて
ずっと餌クレクレダンスを踊ってきます…
元気なのか落ち込んでいるのか判断できません^^;

濾過を動かさない→水質が悪化。健康状態悪化、ヒレが溶ける可能性。
濾過を動かすと水流でストレス→ヒレ裂け。
換水しない→水質が悪化。健康状態悪化、ヒレが溶ける可能性。
換水すると水質変動でストレス→ヒレ裂け。
水草を入れない→水質が安定しにくい。
水草を入れる→引っかかってヒレが裂ける。

ショーベタの飼育は難しすぎる!

ハーフムーンのヒレは本当にデリケートですね。
現在は水槽が立ち上がっていなくて一番厳しい時期なので
なんとか環境に慣れてくれれば落ち着くんですが。
飼育水の生臭さも今日には消えたので、
バクテリアが増えて立ち上がりつつはあると思います。

明日くらいに薬が届くので、ヒレ回復を祈って薬浴を開始したいと思います。
HMマーブルの子だけ薬浴するつもりだったんですが、
ヒレ裂けが見つかったOHMグリーンの子もやらないといけなさそう;
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。